出産内祝いとは

近頃の出産内祝いといえば、出産祝いをくださった人たちにお返しをする事をいいます。
現在はそのようにお祝いのお返しという意味合いが強いのですが、本来の出産内祝いはまた別の意味を持っていました。 「内祝い」とはそもそも内という言葉の通り、自分や自分と近しい内輪でおめでたい事があった時に、自分たちだけではなく他の人たちともそのおめでたいという気持ちやよろこびを分かち合う為に、よろこびを品物と共に周りの人たちに分ける事をいいました。
よって、出産内祝いも本来はお返しという意味ではなく、出産しましたというあいさつも兼ねて、お世話になった人たちをパーティーなどに招待して、出産祝いを貰った、貰っていないにかかわらず、子供のお披露目をしたりおもてなしをする事でした。
もちろん現在も出産内祝いを本来の形で行う事もできますが、本来の出産内祝いを知らない人には先に出産内祝いが届く事に戸惑う人も出てくる可能性があります。 出産内祝いは、出産から1カ月経った頃のお宮参りの時期に贈るのが一般的です。
しかし人によっては出産祝いをくださる時期が違い、出産祝いを贈ってもらうたびに出産内祝いを贈るという事になりますから、出産内祝いの時期がずれ、お宮参りの時期よりも遅れて贈る場合もあります。 出産内祝いとは子供が生まれるというよろこばしいお祝いですから、いろいろな事にとらわれず自分なりの出産内祝いを行う人も増えています。 ただしくれぐれも出産内祝いの品物が相手の負担にならないような心づかいが大切です。

▼外部リンク▼
出産内祝いの品としてちょうど良いお米のギフトセットです → 出産内祝い 米

Copyright © 2014 出産内祝いを贈る All Rights Reserved.